ばうばう日記

と~くにな~にもな~い

大統領就任式で聞く『栄光あれ "Славься"』について

1836年初演のオペラ「皇帝に捧げた命」のフィナーレで歌われる有名な合唱曲。 ソ連時代もセルゲイ・ゴロデツキーが原曲を改変した歌詞を作り、題名も元々オペラの題名となっていたはずの「イヴァン・スサーニン」とし、再び劇場で上演されています。 当動画の音源はソ連時代作詞のものですので、皇帝讃美の歌詞はありません。

 

Славься, славься, ты Русь моя,
Славься, ты русская наша земля!
Да будет во веки веков сильна
Любимая наша родная страна!

Славься, славься из рода в род,
Славься великий наш русский народ!
Врагов посягнувших на край родной
Рази беспощадно могучей рукой!

Слава, слава героям бойцам
Родины нашей отважным сынам!
Кто кровь за Отчизну свою прольёт,
Того никогда не забудет народ.

Будь жив, будь здрав, весь наш край!
Ура! Ура! Ура! Ура!

 

讃えられろ、讃えられろ、私たちのロシアよ
讃えられろ、ロシアの大地よ
我らの愛する母国が永遠に強国たることを

讃えられろ、讃えられろ、時代を越えて
讃えられろ、偉大なるロシアの人民よ
祖国に侵攻した敵を力強き手をもって打ちはらえ!

栄光あれ、栄光あれ、勇敢な戦士に
我らの故郷の勇敢なる子に
祖国のために血を流した者達を
人民は忘れはしないだろう
讃えられろ、讃えられろ、私たちのロシアよ

活気を、繁栄を、さあ私たちの国全てに
ウラー!ウラー!ウラー!ウラー!