ばうばう日記

と~くにな~にもな~い

サッキヤルヴェン・ポルッカ(Säkkijärven polkka) - 日本語訳とカナルビ

 歌詞とカナルビ

On kauniina muistona Karjalan maa,オン カウニーナ ムイストナ カルヤラン マー

mutta vieläkin syömmestä soinnahtaa,ムッタ ヴィエラキン ションメスタ ソインナフター

kun soittajan sormista kuulla saa,クン ソイッタヤン ソルミスタ クーッラ サー

Säkkijärven polkkaa!サッキヤルヴェン ポルッカー!

 

Se polkka taas menneitä mieleen tuoセ ポルッカ タース メンネイタ ミエレーン トゥオ

ja se outoa kaipuuta rintaan luo.ヤ セ オウトア カイプータ リンターン ルオ

Hei, soittaja, haitarin soida suoヘイ ソイッタヤ ハイタリン ソイダ スオ

Säkkijärven polkkaa!サッキヤルヴェン ポルッカー!

 

Nuoren ja vanhan se tanssiin vie,ヌオレン ヤ ヴァンハン セ タンッシーン ヴィエ

ei sille polkalle vertaa lie!エイ シッレ ポルカッレ ヴェルター リエ

Sen kanssa on vaikka mierontieセン カンッサ オン ヴァイッカ ミエロンティエ

Säkkijärven polkkaa!サッキヤルヴェン ポルッカー!

 

Siinä on liplatus laineitten,シーナ オン リプラトゥス ライネイッテン

siinä on huojunta honkien.シーナ オン フオユンタ ホンキエン

Karjala soi - kaikki tietää sen -カルヤラ ソイ - カイッキ ティエター セン -

Säkkijärven polkkaa!サッキヤルヴェン ポルッカー!

 

Tule, tule tyttö, nyt kanssani tanssiin,トゥレ トゥレ トュット ニュト カンッサニ タンッシーン

kun polkka niin herkästi helkähtää.クン ポルッカ ニーン ヘルカスティ ヘルカフター

Hoi! Hepo surkoon ja hammasta purkoon,ホイ ヘポ スルコーン ヤ ハンマスタ プルコーン

kun sillä on ihmeesti suurempi pää!クン シッラ オン イフメースティ スーレンピ パー!

 

Tule, tule tyttö, nyt kanssani tanssiin,トゥレ トゥレ トュット ニュト カンッサニ タンシーン

kun meillä on riemu ja suvinen sää!クン メイッラ オン リエム ヤ スヴィネン サー!

Säkkijärvi se meiltä on pois,サッキヤルヴィ セ メイルタ オン ポイス

mutta jäi toki sentään polkka!ムッタ ヤイ トキ センターン ポルッカ

 

Kun rakkaimmat rannat on jääneet taa,クン ラッカインマットゥ ランナトゥ オン ヤーネー ター

niin vieraissa kulkija lohdun saa,ニーン ヴィエライッサ クルキヤ ロフドゥン サー

kun kuuntelee soittoa kaihoisaa:クン クーンテレー ソイットア カイホイサー

Säkkijärven polkkaa!サッキヤルヴェン ポルッカー!

 

Se polkka on vain, mutta sellainen,セ ポルッカ オン ヴァイン ムッタ セッライネン

että tielle se johtavi muistojen.エッタ ティエッレ セ ヨフタヴィ ムイストイェン

On sointuna Karjalan kaunoisen:オン ソイントゥナ カルヤラン カウノイセン

Säkkijärven polkkaa!サッキヤルヴェン ポルッカー!

 

 

日本語訳(意訳)

カレリア、美しき思い出の地

音楽は胸の中から流れゆく

奏者がサッキヤルヴィのポルカを奏でるとき!

 

ポルカは昔を思いださせ

不思議な追憶を作り出す

へい、奏者さん、アコーディオン奏でてくれ

サッキヤルヴィのポルカをね!

 

若者も年寄りも踊りだす

ポルカと比較できるものなどあるものか

たとえ放浪者になっても

サッキヤルヴィのポルカ

 

そこでは湖も波打ち

松の木も揺らす音立てる

カレリアに響く・・・

誰もが知るサッキヤルヴィのポルカが!

 

おいで、おいでおじょうさん、僕と一緒に踊ろう

ポルカが優しく響いているよ

ほい!馬には歯ぎしりさせとけ

馬にはでかい頭があるのだから!

 

おいで、おいで、おじょうさん、僕と一緒に踊ろう

夏の夜を楽しもうよ

サッキヤルヴィは失われても

ポルカは確かに残されたのだから。

 

最愛の浜辺は今や外国の領土

放浪者でも暖められる

追憶の音楽:サッキヤルヴィのポルカに耳を傾けるとき!

 

そのポルカはただのポルカではない

それは思い出へとつながる道なのだ

美しきカレリアの響きは

サッキヤルヴィのポルカだ!